Skip サイトニュース

    サイトニュース

    Picture of Administrator GMS Moodle
    SA(Student Assistant)の募集
    by Administrator GMS Moodle - Monday, 24 April 2017, 11:41 AM
     

    以下の科目においてSA(Student Assistant,
    学部生)を募集します。興味のある方は、それぞれの科目でのSAの条件を確認のうえ、メールでご連絡ください。
    各科目SAを1名まで募集します(決まった科目は順次募集を停止します)
    1人あたり1学期につき最大2科目まで担当でき、大学の規定のアルバイト代が支払われます。

    締め切りは、SA(学部生)は4/21(金)までです。
    現在も募集継続中です. 


    連絡先は、助手の角谷まで(ksumiya@komazawa-u.ac.jp)お願いします。
    角谷の研究室にて必要事項を記入していただく必要がありますので、希望者は早めに連絡をお願いします。

    募集対象科目

    #...

    Read the rest of this topic
    (117 words)
     
    Picture of Administrator GMS Moodle
    レオネ(James V. Leone)先生の授業を履修している学生の皆さんへ
    by Administrator GMS Moodle - Friday, 21 April 2017, 6:15 PM
     
    レオネ先生月・水1・2限Written Communication 1を履修している学生の皆さん
    4月24日(月)の授業は休校になりますが、アシュウェル先生から今後の授業についてのお知らせがあるので、12:15に7-304教室に集まってください。

    レオネ先生月・水4・5限Oral Communication 1を履修している学生の皆さん
    4月24日(月)の授業は休校になりますが、アシュウェル先生から今後の授業についてのお知らせがあるので、12:30に7-304教室に集まってください。
     
    Picture of Administrator GMS Moodle
    海外演習実践講座 JCSOSサポートシステムについての説明会
    by Administrator GMS Moodle - Friday, 21 April 2017, 8:56 AM
     

    海外演習実践講座を履修して海外研修を行うGMS学生は、申請書類提出にあたっては、あらかじめ東京海上日動災害保険(株)が提供する、指定の「海外旅行保険」に加入しておく必要があります(費用は本人負担)。同「海外旅行保険」に加入することにより、皆さんは特定非営利活動法人海外留学安全対策協議会(通称:JCSOS)が提供する様々な安全管理面および法的側面のサポートを受けることができるようになります(JCSOSサポート加入手続きについては、申請関連書類の情報をもとに本学国際センターが行い、同サポート費用についても本学が負担します)。

    つきましては、海外演習実践講座の履修者を対象としたJCSOSサポート...

    Read the rest of this topic
    (44 words)
     
    Picture of Administrator GMS Moodle
    海外演習実践講座の説明会
    by Administrator GMS Moodle - Friday, 21 April 2017, 8:55 AM
     

    海外演習実践講座の説明会を下記の通り開催します。
    海外演習実践講座の履修者は、授業支援システムの『留学(海外演習実践講座)関連情報』をよく読んだ上、
    下記説明会のどちらかに必ず出席してください。

    1回目 5月10日(水)12:20-12:50, 場所 9-172
    2回目 5月23日(火)12:20-12:50, 場所 9-172

     
    Picture of Administrator GMS Moodle
    世田谷区の魅力発信プロジェクト"Pick-up Setagaya"メンバー募集
    by Administrator GMS Moodle - Monday, 17 April 2017, 7:29 PM
     

    【背景・目的】

    日本を訪問する外国人は増加の一途をたどっています。その滞在形態は観光目的の短期から、中期、就労目的の長期、そして永住へと繋がり、境界は区別しにくくなっています。また、人材の国際的移動はグローバルな視点からも大切な問題になっています。

    本学が立地する世田谷区も例外ではありません。そのため、世田谷区は区内大学との連携協働による「せたがや国際化プロジェクト」を開始しています。

    その一環として、本学では昨年10月から世田谷区職員、教員・学生有志が集まり、留学生や大学生の視点から世田谷区の魅力を世界に向けて発信するプロジェクトを進めています。


    【経緯】

    これまでに数回の打ち合わせを行い、...

    Read the rest of this topic
    (48 words)