サイトニュース

GMS学部生へ注意喚起

 
 
画像 GMS Moodle Administrator
GMS学部生へ注意喚起
2015年 12月 2日(水曜日) 10:10 - GMS Moodle Administrator の投稿
 

GMS学部生へ注意喚起   


2015.12.1

GMS学部


12月に入り,学期末の重要な時期に入ります.しかし,残念ながら学業以前のことで問題が起こることが多い時期でもあります. 特に次の2点は各自注意してください.


(1)飲酒について


①20歳未満の飲酒は禁じられています.

 当然のことながら,20歳未満の学生が飲酒することは法律で禁じられています.20歳未満の学生は,たとえ周囲から誘われても,絶対に飲酒してはいけません.また,20歳未満の学生に飲酒を勧めてもいけません.


②飲み過ぎに注意しましょう.

 例年この時期,急性アルコール中毒を起こす学生がいます. 嘔吐,呼吸状態が悪化するなど危険な状態に陥るばかりでなく,死亡に至るケースが毎年発生しています. ちなみに,体調を崩すことが分かっていながら飲酒を強要し,急性アルコール中毒で死亡させた場合は刑法第二百五条(傷害致死罪)が適用され,3年以上の懲役が科せられます.充分注意して下さい.


(2)定期試験等での不正行為について


 定期試験等での不正行為は処罰の対象です.これも当然のことながら,定期試験やレポートでのカンニング・剽窃(盗作)・無断コピー等は違法行為であると同時に,学則に違反することですから,処罰の対象となります.もちろんその他,学生生活において法律に違反する行為があった場合は,処罰されます.学内に名前が掲示されることにもなりますから,きちんとした大学生らしい行動を取るように心がけてください.


(以上)