サイトニュース

Fab機材を使ったGMS10周年記念オリジナルグッズ制作ワークショップ 第1回開催のお知らせ

 
 
Picture of Administrator GMS Moodle
Fab機材を使ったGMS10周年記念オリジナルグッズ制作ワークショップ 第1回開催のお知らせ
by Administrator GMS Moodle - Thursday, 16 July 2015, 5:20 PM
 


GMS学部は周知のとおり今年で10周年を迎えますが、7月から月1ペースで「自分だけの10周年記念グッズをDigital Fabrication 機材で作る」と題したワークショップを定期的に開催します。参加するGMSの学生や教員が、それぞれ10周年記念グッズとして作りたいものを自由に発案し、3D/2Dモデリングソフトウェアでデザインし、第一研究館1211に常設の3Dプリンター、カッティングマシンを使って実際の形にします。好評な作品は、オープンキャンパスなどでの展示を検討しています。3Dプリンターの使い方や基本的なモデリングの実習を行いながら制作してゆきますが、これらの知識が無くても参加可能です。


第1回を以下の日程と内容で行います。

7月21日 16:20-18:00過ぎまで(1時間半〜2時間程度を予定)

定員:5名 7/16現在、残席3名


今回は3Dプリンター(3D Systems Cube)を使ったグッズ制作を行います。時間短縮のため、あらかじめ作ってみたいものを教えてください。ワークショップの時間中に完成させるのであれば、なるべく小さいものがいいかもしれません(たとえば箸置き、コースター、リストバンド、お守り、iPhone ケースなど、もちろんそれ以外でも可)。ワークショップが始まる前に、基本となる3Dモデルをこちらで用意します。


ワークショップの内容

・基本的な説明(3Dプリンターの使い方、3Dモデリングソフトの基本操作)

・3Dモデリングソフトを使ったモデル制作作業

・3Dプリンターを使って実際にプリントアウト


参加の際は自分のノートパソコンを持参してください。

また、ノートパソコンに以下のフリーソフトウェアを事前にインストールしておいてください。


Autodesk 123D Design 

http://www.123dapp.com/design


参加希望の方は以下の内容をメールでysk0810@komazawa-u.ac.jpまで送ってください。

締め切りは7/19まで、定員に達し次第締め切ります


件名:10周年記念制作ワークショップ参加希望

メールの本文に、学生番号と氏名、作ってみたいものの大まかな内容(50字程度)で書いてください。